ホーム > 法人のお客さま > 退職金制度の分析、ご提案

退職金制度の分析、ご提案

企業を支えるのは役員、従業員です。企業がその役員や従業員のために、福利厚生制度や退職金制度の充実を図ろうとするのは当然といえます。
企業が人事戦略を考えるうえで重要なことは、その社員の採用計画の立案から退職まで一貫した流れでとらえていくことであり、断片的な対策を繰り返すべきではありません。
経営の3大要素のうち「人」と「金」が長期に渡り密接する「退職金」については、企業の財務戦略の観点からも検討します。

※ご注意いただきたい事項

本ホームページに記載された税制は、平成26年1月現在のものです。
今後の税制改正によって変更となる場合がありますのでご注意ください。
税務や経理処理の詳細につきましては、所轄の税務署または税理士等にご確認ください。

経営者のための対策

退職慰労金対策

退職慰労金準備資金

  • 企業の繁栄を導いてきた経営者には、その功労にふさわしい退職慰労金が必要です。
  • 好・不況、業績の良否にかかわらず、また会社の財務を圧迫せず功労に見合った退職慰労金を捻出するためには計画的な準備が必要です。
死亡退職金対策

死亡退職金・弔慰金準備資金

  • 経営者には労災保険などの法的な保障が薄いため、ご遺族の生活保障対策は欠かすことができません。
  • 経営者が万一の際、ご遺族の生活保障と相続税の納税資金として、死亡退職金・弔慰金の準備が必要です。
弔慰金対策

従業員のための対策

生存退職金対策

退職一時金・退職年金準備資金

  • 有能な従業員を確保・定着させるためには、福利厚生制度の充実、なかでも退職金制度の整備は不可欠です。
  • 従業員の老後より豊かなものにするためにも、計画的な退職金資金準備が必要です。
死亡退職金対策

死亡退職金・弔慰金準備資金

  • 従業員が万一の際、ご遺族の生活保障のためにも、死亡退職金と弔慰金の準備が必要です。
  • 死亡退職金は、ご遺族の生活保障の主軸になるものですが、水準はまだ低く、ご遺族の生活保障の必要額をカバーすることができません。
  • ご遺族の当面の生活不安をカバーするための資金として“年収の5年分”を死亡退職金の水準を目標としたものです。
弔慰金対策
傷病見舞金対策

傷病見舞金準備資金

  • 従業員が安心して働ける環境をつくるためには、死亡退職金・弔慰金制度とあわせて、見舞金制度の充実も必要です。
災害見舞金対策
災害補償対策

ページのトップへ戻る