ホーム > 法人のお客さま > 純粋リスクマネジメント > 生命保険見直しのご提案

生命保険見直しのご提案

生命保険見直しのポイント

1. リスク防衛手段としての生命保険

企業を支えているのは、経営者と従業員です。従って従業員も含めて十分な保障を準備することは、企業全体の基盤を磐石にすることにつながります。また、中小企業では金融機関からの融資に経営者やその親族が個人保証したり、個人資産を取り崩して企業に貸付するといったこともあります。このように企業の責任は取引先だけでなく個人にも及んでおり、企業の「顔」である経営者には特に十分な保障を準備しておくことが、企業を健全に存続させ、企業の社会的責任を果たすためのリスク防衛手段として重要です。

【 事業保険の役割 】

事業保険の役割

2. 目的の見定めと長期的な視点

企業経営に生命保険を活用する場合、その目的によって選択するプランが異なってきます。したがって、事前に活用の目的やその背景にある経営上の課題を十分に見定めておくことが重要です。また、生命保険とは大きな資金の流れを生じさせるものであり、契約前に財務状況や資金繰りとのバランス、経営方針や将来予測との整合性などを、総合的かつ長期的な視点で検討しておくことが肝要です。

創業期 創業時や設備投資など借入金に対する準備が必要です。
成長期 コストを最優先し、会社のさらなる発展のために資金をシフトする必要があります。
不況期 資金繰り改善のためにも、無駄な保険料がないかチェックが必要です。
安定期 そろそろ退職金や事業承継の準備が必要です。

個人でもライフステージに応じて保険の見直しをするのが一般的ですが、法人にも同じことがいえます。
会社の創業期、成長期、不況期、安定期…、そのステージごとに生命保険の目的も変化し、見直しが必要となります。

3. 生命保険の柔軟性活用

加入時には最適な生命保険であっても、企業の体質・業績・環境変化により、常に最適な生命保険とはいえないケースも出てきます。そのように企業の状態と保険の役割がミスマッチになっている時は生命保険の保全機能、例えば「変換」「保険期間延長」「保険期間短縮」「保険種類の変更(コンバージョン)」などを活用することにより、生命保険を企業のニーズに沿ってカスタマイズすることも有効な手段と考えられます。

※ 保険会社によって取扱有無および取扱条件が異なります。

保険種類のご案内(コンバージョン)例

※上図は「保険種類の変更(コンバージョン)」のイメージ図です。

生命保険一覧

1. 生命保険、3つの基本形

生命保険の商品は分かりづらいものですが、基本のパターンは以下の3つしかありません。この3つのパターンの形を少しずつ変え、そして様々な特約を付けながら、お客さまのニーズにあった契約を設計していきます。

生命保険の3つの基本形

※ 上記は代表的な保険種類の一例です。他にも各種保険商品はあります。
※ 上図はイメージ図です。

2. 適合する保険の概要と活用方法

適合する保険 概要 経営者 福利厚生
事業保障 死亡退職金
弔慰金
退職慰労金 従業員
死亡退職金
弔慰金
従業員
生存退職金
傷病見舞金
定期保険
無解約返戻金型定期保険
低解約払戻金型定期保険
一定期間の保障を確保します。      
長期平準定期保険 長期にわたる保障を確保します。
経過年月に応じた解約返戻金があります。
 
逓減定期保険
収入保障保険
保障額が逓減するため、契約当初には大きな保障を確保できます。        
逓増定期保険 経営者の将来を見据え、契約後に保障額が増額していく保険です。      
終身保険 一生涯の保障を確保します。経過年月に応じた解約返戻金があります。
保険料は全額資産計上となります。
 
医療保険 業務上・業務外を問わず傷病見舞金の原資を確保できます。        
がん保険 業務上・業務外を問わずがんに対する傷病見舞金の原資を確保できます。    
長期傷害保険 業務上・業務外を問わず傷病見舞金の原資を確保できます。  
養老保険 一定期間の保障を確保するとともに退職金の原資を計画的に準備できます。    
総合福祉団体定期保険 福利厚生規定に基づき死亡退職金・弔慰金準備ができます。毎年収支計算を行い剰余金があれば配当金を受け取ることができます。        

※ 上記は法人向け生命保険における考え方の一例を示したものです。

※本ホームページでご案内している商品は、商品の概要を説明しております。
取扱商品、各保険の名称や保障内容等は引き受け保険会社によって異なりますので、ご検討、お申込みに際しては、
「商品パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認いただき、不明点は下記までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

【承認番号  HL-P-B2-15-01448 2016.1.29】
【承認番号  募資1403-KL08-S1144】
【募集文書番号  SL13-5665-0199】

ページのトップへ戻る