ホーム > 法人のお客さま > 純粋リスクマネジメント

純粋リスクマネジメントの概要

「リスクマネジメント」における「リスク」は、「純粋リスク」と「投機的リスク」の2つに分けられます。
「投機的リスク」は「ビジネスリスク」とも呼ばれ、「損失」だけなく「利益」を発生する可能性もある危険のことを指 します。

一方、「純粋リスク」とは損害のみをもたらすリスクをいい、保険業界で使われる「リスク」という言葉は、「損害を受ける可能性」をいいます。「可能性」が「現実」になり事故が発生した結果、損失が発生します。
損害のみをもたらす「純粋リスク」は、自動車事故や火災事故、台風、地震などが該当し、個々の事故を予測することは困難であり、これが企業において発生すれば、経営陣も含めた優秀な人材や社有資産への損害、お取引先とのトラブル、ひいては長年培ってきた信用まで失墜しかねない損失をもたらします。

とはいえ、この純粋リスクのほとんどは一定期間、大量に観察すると事故発生確率が統計的に測定可能であるため、損害保険や生命保険を活用し、リスクに見合った保険契約を締結することでその損失をカバーすることが可能となります。

ヒューリック保険サービスは、生命保険、損害保険を取扱う総合保険代理店として、お客さまが抱える純粋リスクについて、お客さまの意向に沿った保険商品のご提案をいたします。

純粋リスクに対する生命保険、損害保険の活用

ページのトップへ戻る