ホーム > 法人のお客さま > ERM(全社リスク管理)コンサルティング

ERM(全社リスク管理)コンサルティング

多様化する企業リスクとリスクマネジメントの重要性

企業は常に多様なリスクを抱えています。
事業活動に伴い発生する様々な突発的な危機に直面した場合でも、事業の存続性を確保し、ステークホルダーからの信頼得て企業価値の向上を図るためには、リスクマネジメント体制の導入・強化が不可欠です。ヒューリック保険サービスはリスクマネジメント専門会社と協力し、お客さまの「全社リスク」管理体制の構築を支援いたします。

日常的な予防活動や有事の危機管理を含み、また組織にかかわるすべてのリスクを対象とし、リスク対策やリスクファイナンスもすべて含む考え方です。ヒューリック保険サービスがご提案するリスクファイナンスの一手法である「保険契約」によるリスクの移転は、この総合リスクマネジメントの一環といえます。

TRM(総合リスクマネジメント)の考え方を、企業全体および企業グループすべてに適用する考え方です。
これまでの企業におけるリスクマネジメントの手法では、リスクの種類別に担当部署が設けられ、それぞれの部署がリスクの管理を担当する形式が主流となっていました。
これに対してERM(企業リスクマネジメント)では、全社を挙げてリスクの把握や評価・管理を行う点に特徴があり、事故や災害のみならず、例えば設備投資や企業買収など、企業の業務すべてを対象としています。経営者から従業員までを含めて総合的にリスクを評価、管理することで、より最適な対処策をとることが可能になります。

【企業が抱える多様なリスク】

  • 大規模な地震
  • 異常気象
  • 新型インフルエンザの流行・蔓延
  • 大規模なリコール
  • 個人情報、機密情報漏洩事件
  • 自動車メーカーリコール情報隠蔽事件
  • 大手食品メーカー集団食中毒事件
  • 食品・商品表示偽装事件
  • 期限切れ牛乳使用問題
  • 東海村臨界事故
  • 偽装請負問題
  • 耐震偽装事件
  • 建材耐火認定不正取得事件
  • 不正会計、有価証券報告書虚偽記載事件……

ページのトップへ戻る